みにまに!!!

元駐在妻で子育て主婦が「ミニマムな暮らし」と「楽しく貯金」を目指す!?主婦向けブログ。日本で奮闘中!

スポンサーリンク

年間保険料が約70万円?!〜30代子育て4人家族の適正金額は?2018年中に保険の見直しをします!①

スポンサーリンク

f:id:hanisandayo:20180216015244p:plain

 

2月にもなって、ようやく年間収支表を作りました。

その結果、我が家は保険に結構な額をかけていることが分かったのです。

よって、保険が本当に必要かどうか1年をかけて考えてみようと思います。

まずは現状と課題を書いておきます。

 

※保険の知識が全く無い素人が書いた記事なので、何か間違っているところがあればご指摘いただけると助かります。 

 

いくら保険を支払っているのかよくわからない。

私も旦那も我が家がいくら保険を払っているのかよくわかっていませんでした。

というのも、安くなるので何でもかんでも年払いにしています。

年払いだと、何となく口座から引き落とされて終わり〜にしてしまってました。

月いくらで積み立てている方も多いでしょうけど、正直面倒くさいので今後もやりたくないです。

結果、保険料の年額を計算してびっくりしています。反省。

 

現在加入している保険と年額70万円?!の内訳

何も書いていなければ年払いです。

【旦那】 

  • 入院保険3201円(月払い)→年間38,412円 アフラック ガン保険
  • 入院保障保険49,531円 アクサ 医療保険
  • 患者申出療養給付保険4,628円 アクサ
  • 年金払定期付積立型変額保険 19,000円(月払い)アクサ

 

入院保険がなぜ2つもあるのか、よく分かりません。ガンと医療保険って必要なのかなぁ…??

特に、一番上の月払いの保険は独身の頃に言われるがままに入ったもの。独身の頃から全然見直していないので、補償額やそもそも必要なのかどうかもよく考えないと。

 

◇補足

  • 患者申出療養給付保険(アクサ)

「患者申出療養」先進医療に適用される保険です。詳しくはこちら↓

患者申出療養サポート|アクサ生命保険株式会社

 

  • 年金払定期付積立型変額保険(アクサ)(以下、ライフプロデュース)

 

年金払定期付積立型変額保険」(ライフプロデュース)は補償額・貯金額を自由に設定できる保険。一部が保険・一部が投資(投資信託のようなもの)に使われる、貯蓄型保険でもあります。投資+生命保険です。

詳しくはこちら↓

ライフ プロデュース(06)|アクサ生命保険株式会社

なぜこれが月払いかというと、FPさんに勧められてインデックス投資の考え方を採用したからです。

 

もしかしたら海外転勤もありうる我が家。

海外転勤をすると、原則日本で資産運用ができなくなります

(詳しくはこちらのブログを読んでみてください↓)

海外赴任者は日本での資産運用ができない!?非居住者の投資事情

 

そこで裏技…というものでもないですが、保険かつ資産運用の一環として始めました。

資産運用に関する知識があまり無いので、個別に株を持ったりFXや仮想通貨などに手を出すよりはいいのではないかと思いました。

これからは海外在住者でも日本で資産運用ができるようになるとありがたいのですが…それは別の話ということで。

 

【妻(私)】

  • 入院保障保険 47,481円(アクサ)
  • 年金払定期付積立型変額保険 9,000円(月払い)(アクサ)

 

なぜこれもこの額なのかよく分かっていません。

 

【子供1人目】

  • 学資保険 約100,000円(3年払いを3で割ったもの。今年また3年払いにする予定ですが、金額が正確に分からないので概算)

2人目の学資保険どうする?!問題もあります。

 


どういう結論になるかはまだ検討中ですが、最低でも1人年10万円程度は用意しておきたいところ。

(それでも足りないのよね…という話がこちら↓)

ミニマムな生活とか家計管理しなくちゃいけないくらい、お金に困ってるの? 

 

年額約70万円?!!?

現在、保険に年額576,052円支払っています。

2人目の学資保険も同様に年10万円以上支払うとなると、我が家は保険(貯蓄型含む)に約70万円払っている計算に。

現状払えないわけではないのですが、さすがに高い気がする…これでいいんでしょうか。

 

FPさんに言われるがまま契約してしまったけれど…?

私にはこれでいいのか判断材料が分かりません。 

夫婦共に無料相談でFPさんに言われるがまま、何の知識も無いまま保険契約をしてしまったからです。

当時の私なりに色々と調べて結論を出したし、FPさんにもあーだこーだ言ったのですが(笑)、年額を考えると少し多すぎ?

それに気づいたのが契約後というのが私達の間抜けなところです(苦笑)。

 

我々の保険が適正かどうか、どうやって判断したらいいの?!

では、どうすれば我々の保険が適正かどうか分かるのでしょうか

もう一度別の無料相談に行く?

悩んでいたら、気になる記事が。

【保険の無料相談の体験談】独立系FPに見事にカモられたわが家。今後利用する方に知ってほしいこと

他の家計管理ブロガーさんでも保険の無料相談にカモられた記事を見かけまして。

……我々もカモられているかもしれません。というか、私達は素人すぎていいカモな自信があります

FPさんのことを信じてはいますが、少し不安になってきました。素人すぎるとカモられてるかどうかが分からないのですよ!

おそらく、今の我々が無料相談に行ったところで、また別の保険を勧められて終わりでしょう。

そもそも、保険の無料相談って、保険契約の手数料で儲けているのだから、「無料」ではないですよね。

 

有料の保険相談に行く?

先ほどのmacchiさんが勧めてくれた本の著者「後田亨」さんは有料の保険相談をしているそうです。

 

有料相談はこちら↓

後田 亨オフィシャルサイト|有料相談について

 

1時間10,800円という値段は妥当だと思うのですが、

千葉在住の我々には横浜に出向いたり、自宅まで来てもらう(しかも乳幼児2人付きで話を聞く)のはしんどそうです。 

そもそも、また誰かに頼んだところで、我々に知識は付かないでしょう。

本やブログで勉強してみる

まずはこれが一番妥当でしょうか。

本を何冊か読んだり、他の方がどのような考えで保険を契約しているのかを知ることで、我々の保険が妥当なのかどうか、自分で考えることが重要だと思いました。

はい。私がやるんですけどね…。

誰かに相談するとしても、ある程度の知識をつけてからにします。

現段階での疑問

  • 2人目が産まれるので死亡保障額の見直し(旦那、私)
  • 入院補償額の見直し(旦那、私)
  • 旦那の医療保険、1本化できないか?(旦那)
  • 医療保険っている?(旦那、私)
  • ライフプロデュースって貯金・資産運用の代わりでいいの?(旦那、私)
  •  2人目の学資保険、必要?(2人目)

もちろん、これらを検証するには先ほどのFPさんとも相談しなければならないですが、その前に知識が欲しいと思いました。

とりあえず、皆様のオススメする本を読むところから始めてみます!

 

保険を考える上での読書候補 

私には全く知識が無く、勉強するにしてもどの本を読んでいいか分かりません。

そこで、私の尊敬する家計管理ブロガーさんたちに勝手にご登場いただき、オススメする本をピックアップすることにしました。

 

まずは先ほど紹介した記事(独立系FPにカモられた話)でmacchiさんが紹介していた本から。

【保険の無料相談の体験談】独立系FPに見事にカモられたわが家。今後利用する方に知ってほしいこと | 家族みんなが笑顔で貯金♪

 

 

 

「どんな家庭でも生命保険料は月5000円だけ」というタイトル、月額28,000円(ライフプロデュース、資産運用含む)の生命保険料を支払っている我々には少し耳が痛いです。

 

先ほども貼りましたが、こちらの本も気になります。

 

 

 

もう一冊、macchiさんが保険の見直しについて書いた記事で紹介されていた本。

30代子育て家庭の生命保険・医療保険の加入内容。見直して年間保険料が5万円になりました | 家族みんなが笑顔で貯金♪

(我々の状況からすると、年間保険料が5万円ってすごい…!)

 

 

 

「書けばわかる!わが家にピッタリな保険の選び方」の中にはmacchiさん曰く、このようなことが書かれているそうです。

1人あたり30万円ほどの貯金があれば、医療保険は必要ありません。

もし、30万円では心配という人は、倍の60万円も用意できれば上等でしょう。

『書けばわかる! わが家にピッタリな保険の選び方』、109ページ)

30代子育て家庭の生命保険・医療保険の加入内容。見直して年間保険料が5万円になりました | 家族みんなが笑顔で貯金♪ より引用)

 

これが本当だとすれば、うちの医療保険は本当に必要…??

まだダウンロードしかしてませんが、これから読んでレビューを書きたいです。

本の紹介もしっかりされているので、ぜひ元記事を読んでみてくださいね!

 

【参考記事】

【保険の無料相談の体験談】独立系FPに見事にカモられたわが家。今後利用する方に知ってほしいこと 

30代子育て家庭の生命保険・医療保険の加入内容。見直して年間保険料が5万円になりました

 

 

次はmochilistのもちこさんオススメの本。

もちこの家計簿 家計管理 貯金・節約の考え方 | mochilistによると、年200万円貯金するために①通信費、②保険、③固定費を見直したそう。

食費や光熱費などを減らすのはストレスですが、この3つなら減らしてもストレスではなさそうです。とはいえ、我が家は通信費と固定費はほぼミニマム…なはずなので、やはり保険ですね…;

保険の項で紹介されている本がこちら。

 

 

 

ツイッターで「保険に悩んでる」とつぶやいたら、こちらの記事を書いていただきました。

生命保険、医療保険、死亡保障、どうしてる?保険の見直し後加入したものをまとめて見ました! | mochilist

特に「夫婦が亡くなった時の保障」についての計算が参考になりました。

FPさんに計算してもらったところまでは覚えているのですが(任せっきり 笑)、どうだったか計算してみないとなぁ。家に帰ったらやる!

ありがとうございます!

 

もちこさんは家計管理・ブログを始めて、1年で本を出版されるそうです。すごい!

 

こちらも楽しみにしています!! 

 

 【参考記事】

もちこの家計簿 家計管理 貯金・節約の考え方 | mochilist

生命保険、医療保険、死亡保障、どうしてる?保険の見直し後加入したものをまとめて見ました! | mochilist

 

まとめ〜これから私がやること

  • 本を読んでみる。
  • みなさんの考え方を参考に、我が家はどうしたいのかを考える。
  • 分からないところはFPさんにもう一度相談!

 

今のところ、文面にするとたった3行。それが結構な苦労なのですが…。

この先に本当に必要な保険が待っていると信じて勉強します!