みにまに!!!

元駐在妻で子育て主婦が「ミニマムな暮らし」と「楽しく貯金」を目指す!?主婦向けブログ。日本で奮闘中!

スポンサーリンク

私の子供が人見知りを克服した方法【体験談】

スポンサーリンク

うちの子(2歳)は超人見知りでした。

3歳になった現在、完全に人見知りを克服しています。

私の子供がどのようにして人見知りを克服したのか、親はどういった行動をしたのか?という話を書きます。

 

 

人見知りの克服方法?!①色々な場所に連れて行く

子供の遊び場という遊び場には結構連れて行っています。

私が暇人だったこと、ブログのネタ…それもあるのですが、「人見知りするのは家に引きこもっているから」という話を聞いたことがあって、克服するのは親の役目なんだとも思ってました。

なのに、子供の場所見知り、人見知りは一向に直りませんでした。新しい場所では固まっているし、知らない人がいると抱っこをせがみます。

2年頑張ってきましたが、「色々な場所に出掛ければ人見知りを克服できる」のは間違いだったなと思いました。

 

人見知りの克服方法?!②場所を固定してみる(会う人は毎回変える)

日本に帰ってきて、歩いて行ける距離に支援センターがある環境になり、一時期毎日通っていました。

行くこと自体は嫌がらないし、楽しいようです。ただ、延々と線路に電車を走らせて一人遊びしているだけなのが気になります。家でも同じことずっとしてるんですよ(笑)。

f:id:hanisandayo:20170807151317j:plain

支援センターに通う理由は無料……じゃなくて、

  • 他の子供と遊べる
  • 家に無い珍しいおもちゃで遊べる(買ってあげられるおもちゃには限界があるので)
  • 先生による絵本の読み聞かせや手遊びを楽しんでほしい

という理由でした。

先生とは仲良くなったものの、他の子とは全く関わろうとしません

誰かが遊んでいる側には絶対に行かないし、誰かと手遊びや歌も絶対にしません。

むしろ、手遊びの時間は誰もおもちゃで遊んでいないから今のうちに遊んでやる!と言わんばかりに遊びだすタイプです。

たまに支援センターで運動会やリトミックなどが開かれることがあり、それにも積極的に参加していました。毎回他の子が怖くてずっと泣いています(苦笑)。

お気づきでしょうけど、他の子と遊ぶのが好きではないのです。

あと、支援センターは毎回同じ子供がいるとは限りません。

会っても自己紹介や長々と世間話・身の上話をするわけではないので、毎日通っていても人見知りの子供が友達になれる確率はかなり低いと感じました。(グループもかなりできてますし)

 

人見知りの克服方法?!③場所も会う人も固定してみる

見知らぬ土地ゆえに、私は友達がいなかったので、近所の子育てサークルに入ってみました。

子育てサークルの魅力は「場所と会う人が固定される」ことだと思います。

最初は毎回泣いていましたが、5回目くらいでやっとサークルの子供達に慣れてきました。

私が「ちょっとトイレに行く」といって、子供をサークルのお母さんたちに任せても、泣くことがなくなりました。

サークルの子供たちに会うのを心から楽しみにしています。

超人見知りのうちの子にはサークル活動が合ってたようです。 

 

うちの子供は「知っている人」をたくさん作ることによって、人に慣れていくタイプでした。 

そもそも、子供の人見知りって克服する必要ありますか?

大人でも人見知りの人はいますよね。

私自身もアクティブな性格とは言えませんし、飲み会のような場所は苦手です。子供に無理させる必要はあるのでしょうか?

支援センターは子供が楽しんでいるので通っていますが、無理に人と関わらせようとするのはもう止めようと思っています。手遊びも無理にしなくていいかな。

 

人見知りは短所ではなく、長所だ!心ない言葉に惑わされないで

人見知りは短所だと思っていません

私の子供はお友達が使っているものを絶対に取らないし、喧嘩をすることがありません。取り合いをするところを見たことがありません(取られてもそのまま)。すべり台をすべる順番を守ります(全部人が怖いだけなのですが)。

親としては取られた時くらい取り合いしてくれよと思わなくもないのですが、それはそれで長所だよね?!と思うのです。

「人見知りするのは家に引きこもっているから」でも、「人見知りを克服するのは親の役目」でもありません。

ましてや、人見知りというだけで発達障害なのかなぁ?と思い詰める必要も無かったです。(本当に心配なら、然るべきところで判断をしてもらってくださいね)

人見知りを短所ととらえるのではなく、長所ととらえてみませんか?

 

子供の人見知りで悩むママにオススメの本

私はこちらの本を読んで、子供の心の発達について学びました。

この「専門家ママ・パパの本」シリーズは論文や化学的根拠に基づいて書かれており、謎の精神論や厳しい言葉が無く、

私の育て方は間違ってなかったんだ!

こうすればいいのか!と優しく気づきを与えてくれる本です。

人見知りで悩んでいる方、ぜひ一度目を通してみてくださいね!

 

人見知りを克服した私の子供が、どういう子なのかを知りたいあなたはこちらのページからどうぞ!