みにまに!!!

元駐在妻で子育て主婦が「ミニマムな暮らし」と「楽しく貯金」を目指す!?主婦向けブログ。日本で奮闘中!

スポンサーリンク

つわり体験記を書きました。

スポンサーリンク

こんにちは。

最近お知らせばかりが続いていますが、もう一つお知らせが。

つわり体験記を書きました。

 

重症妊娠悪阻で苦しんだ経験からその辛さをブログに綴っていたはなこさん。

自身の他にもつわりで苦しんだ妊婦の体験記を募集・掲載することで、現在進行形で苦しんでいる方の力になれれば…という企画です。(現在は募集を停止しています)

私たちのつわり体験記 | ちびドラマーチ

 

ここに載っているのは怖すぎるつわり体験記ばかりで、世の中にはこんなに壮絶な病気じゃない症状があるのかと思うほど。色々通り越してホラーだけど、どれもリアルな体験記です。

私が書いたのはこちら。

つわりで精神的に不安定に。家族に暴言や離婚したくなるほど追い詰められた | ちびドラマーチ

 

つわりの一種とはいえ、今思うと反省しかありません。

ブログに書こうかとも思ったけど、ここに書くのはネガティブすぎる気がして。

皆様の壮絶つわり体験記の中に紛れれば誤魔化されるかなと思ったけど、やっぱ私がやらかしたことは酷いな…。

 

www.minimanilife.com

 生きることって書いたのは、死なないことという意味でもありました。

 

体験記の中では入院もしないし点滴も無しで身体的にはぬるい体験記ですが、

つわり中に妊婦自身がやらかした体験記としては今のところ……って何も嬉しくないわ!

あんまりすぎてはなこさんのサイトでは書けなかった話でも書いておきます。

あくまで補足なので、先に体験記を読んでから読んでね!

 

 

止まらないネガティブな妄想

今考えても、なぜああなったのか分かりません。

旦那に何かされたわけでも何でもなく、待望の2人目のはずなのに、5〜7週目くらいまでは毎日こんなこと考えてました。

  • 旦那が帰ってきて寝静まったら家出する計画
  • どこかの田舎で家賃2万円のアパートに住んでパートをやる計画
  • 旦那に子供2人の親権を持ってもらう
  • 2人目を産んで授乳が終わったら離婚届をもらいに行こう
  • 一番迷惑がかからない失踪方法

とかですね…。酷い。

実際に5分くらい家出はしました。小学生か!じゃなくて、酷いですね。

自分で髪を切ることだけはオススメしません。今でも髪型が変です(笑)。

1人目の時につわりがあったんだから分かってたんじゃないの?

1人目の時もつわりはあったし、引きこもりの毎日で辛い…はあったけど、死にたいは無かった。完全に予想外でした。

私は圧倒的に2人目の方が辛かったです。精神的に。

1人目と2人目でなぜ違うのか、さっぱりわかりません。

 

「自覚が足りない」とか「しっかりしなさい」とか「可愛い子供が産まれてくるって思えば頑張れる」とか「妊娠できない人もいるんだよ」(だから頑張れよ)とか

そういうのが響けば鬱ではないです(苦笑)。

分かっちゃいるのよ。

メンタルクリニックで医者に笑われた(後述)程度の患者ですが、鬱の人には「頑張れ」って意味がない言葉なんだと思いました。

んなことは分かってても死にたいのが鬱です。

なぜこうなったのか謎で仕方ありません。

 

メンタルクリニックで言われたこと

恨みついでに書いておくと、

  • 妊娠中はみんな不安だから大丈夫!(聞き飽きた)
  • 市のサービスでこういうのがあるから大丈夫!(市役所に来たんじゃないぞ)
  • 一度保健センターかどこかで相談してみたら?(市役所か!)
  • もう来なくていいですよ〜。大したことなさそうですし。(大したことないって判断するのは医者側なの?)
  • 仕方ないから薬出すけど効かないよ〜(効かない薬いらん)

 

というようなことを笑いながら言われました。 

申し訳ないが、メンタルクリニックのことが嫌いになりました。

これで4000円取られたのが許せない。市役所行けばよかった。

 

鬱の人がメンタルクリニックに行くのは頑張らないといけません。私は頑張らないと行けませんでした。

先ほどの妄想をしている時にはメンタルクリニックに行こうなんて思えません。

収まってからでないと人と会話も外出もできない。

よって、医者に行った日はいいコンディションだったのですが、いい歳したアラサーだけど泣きながら行った方がよかったんですかねぇ。そんな患者どこにもいなかったけどね。

これから鬱になっても絶対メンタルクリニックにだけは行かないぞ!!!と思った出来事でした。

いい医者もいるんでしょうけどねぇ。

 

鬱になったら医者に行くことはおススメしますが、その医者がいい人だとは限らないとお伝えしたいです。

 

どうやって立ち直ったのか?

「あのクソ医者あああああああ!!!!!」と思うことです。

 

コンディションいい時に行ったからでしょうね。

死にたくてたまらない時に行っていたらそのまま行方不明になっていたかもしれません。

 

あまり人を恨むのはしたくないのですが、この経験でやっぱ生きようかなと思えました。

その意味では感謝ですが、4000円は返して欲しい(笑)。

医者への怒りで生きようと思えたとか、書いてて意味不明だなと思います。

人の悪口とかdisるとか好きではないし、人へ怒りが向くこともそんなに無いと思っていたのですが、不思議なものです。

 

つわり鬱で苦しんでいる人に伝えたいこと

「何でもいいから生きてください」ということ。

この感情から逃れたくて「つわり 鬱」とか「つわり  死にたい」「つわり 自殺」とかで検索してみるとやはり出てくる出てくる…。

知恵袋とかにも書かれているのですが、前述のような「頑張れ」「つわりは病気じゃない」系の励ましばかりで絶望しました。

つわりを根性論で片付けないでほしい

で、その質問者がどうなったのか書かれていないのが更に不安になります。

たぶんそんなこと言われたくて書いたんじゃないよね。

具体的につわりがよくなる方法とか、生きる希望がほしくて書いたのに、頑張れで済まされるのはかわいそう。

 

「頑張れ」は全無視して、死にたくてもいいから生きてほしいと思う。

何もしなくていい。生きるためなら何をしてもいい。それで生きられるなら。

つわり鬱で死にたいと思ったらどうやったら立ち直れるか、鬱で死にたいと思ったけど生きてる妊婦もいるよということを書きたくて、この長い補足文を書きました。

メンタルクリニックに行って医者に笑われて、あのクソ医者って思うことで立ち直れたって意味がわからないし、参考にならないですが…(苦笑)。

 

世の中の妊婦さんって生きてるだけですごいんだよ!!!!

 

最後に、

このような機会を作っていただき、はなこさんありがとうございました。

ちびドラマーチ | 妊娠・出産や子育てにまつわる「知りたい!」を発信するブログ

少しでもつわりで苦しむ妊婦が減りますよう…。

スポンサーリンク