みにまに!!!

子育て主婦が「ミニマムな暮らし」と「楽しく貯金」を目指す!?「雑記Blog」

駐在から戻ってきて生活が安定しかけたところで、海外転勤を告げられたらどうしますか?

スポンサーリンク

f:id:hanisandayo:20170701170230j:plain

こんにちは。

私はついこの間までタイに4年ほど住んでいました。

 

戻ってきてから半年以上経ち、ようやく周りのことや日本の生活が分かってきたり、友達や知り合いができてすごく充実しています。

 

な・の・に!!!!旦那氏はタイに戻りたい…らしい。

子供がいなかったら世界中どこでも(治安にもよるけど)行っちゃえ行っちゃえ♪と思うところなのですが、子供がいると少し悩むことがあります。

海外転勤を告げられたわけでも何でもありませんが、可能性もあるんだよなぁ…というわけで、駐在から戻ってきた今だからこそ思う「海外転勤に関するメリットデメリット」を書いておきます。

 

といっても、今回は長いつぶやきのような話ですよ。

 

タイにいた話はこちらからどうぞ↓


メリット

  • 日本で勤めるより多少お給料がいい。
  • 多少は福利厚生がいい。(この辺は会社による)
  • 子供に現地語を覚えさせる機会になる。(とはいえ、現地語を覚えさせたければ親も努力しないと覚えないと思う)
  • 海外に住む経験は子供にとって貴重な経験になる。

 

デメリット

  • お給料はいいかもしれないけれど、出て行くお金が大きい。
  • 日本以上に治安に気をつけないといけない。
  • 日本ではありえないことが起こる。(テロで外出禁止、テロに巻き込まれる、洪水でスーパーから物が無くなる、カフェの外に出たら冠水してて帰れない…もうやめておこう)
  • 現地語を多少覚える必要がある。(覚えない人もいるけど)
  • 会社の補助が出るか出ないかで大きく違う。(日本のような公的補助が無い国だと会社補助が無いと赤字どころかマイナスかもしれない)
  • 原則、妻は働けない。(ビザを取り直せば働けるけどハードルが大きい。今の仕事のようなものを続けられるのだろうか)
  • タイは物価が安い→上がりすぎててむしろ日本より高くないか?(毎日屋台飯でいい人は除く)
  • 公園で安心して遊ばせられない(日本でもちゃんと親が見てないとダメだけど)。
  • 道を手をつないで歩くのも苦労する。(凸凹が多いし、屋台がその辺に出ている、車やバイクの往来が激しい)
  • 日本に帰ってきてから、子供が日本の生活・ルールを学ぶのに苦労する。
  • 日本の流行が何年間も抜け落ちる。(よって、日本では少し変なひと扱いされるかもしれない)
  • SNSで流れてくる日本の写真を見ると「帰りたい」って思う。
  • 「日本人学校まで車で1時間、親は毎日4時起きでお弁当を作る」という話を聞くと…。(私は6時半起きで旦那の弁当を作るのも辛いから尊敬する)
  • 帰国子女と呼ばれて、最悪子供がいじめられる可能性も。
  • 駐在員は何年で帰るか、またはスライドなのかわからないのが精神的にキツイ。(私はきつかった。今も可能性があると思うときつい)
  • そもそも、引越しが嫌い。ストレス。
  • 高校・大学受験はどうするの?
  • 身内に何かあったら看取れない、お見舞いに行けない。(私は祖父の葬式にも行けなかった)

 

まだまだデメリットは書けそうだけど、この辺で。

一つ一つは大したことないかもしれないけれど、積もり積もるとストレスになっていくんです。

 

まとめ? 

タイは嫌いではないし、また住んでみたいとは思う。

でも、子供がもうすぐ幼稚園に行くし、2人目もできたことだし、もういいかな…ひとつの土地で落ち着きたいというのが私の思いなんだよね。

たぶん子供がいなかったらどこの外国でも行ってたよ。

 

「海外では貴重な経験ができる」というのはその裏に相当な努力があるんです。

貴重な経験のために現地語を覚えたり、現地の人と仲良くなる努力をしたり(逆に言えば努力をしないと現地の人とは仲良くなれない)、情報収集をしたり、時には現地で嫌な思いもたくさんする。命に関わる危ないことだってたくさんある。それが貴重な経験の代償。

 

この辺の考え方は人によって違うわけで。

望んで海外移住した人と、タイに永住する気の人、私のように転勤で住んでいる人の違いもあると思う。タイは好きだけど、今は「タイ最高!また住みたい!」とは思えないんです。かといって、「日本最高!」とも思わないのですが(笑)。

またこうした現実で苦しんでいる人を何人も見てきたので、いろいろ考えてしまうのよ。

あとね、子供の年齢が上がれば上がるほど、苦労している人が多いなという印象です。

幼稚園の会社補助が出る出ないから始まり、小学校に入ったら通学往復2時間(車酔いする子は本当に可哀想だった)、妖怪◯ォッチのゲームが発売日に手に入らぬ!とか、中学・高校に入ったら帰国後の受験をどうするか、習い事も日本より金額が上がります。

子供自身も年齢が上がるにつれて適応するのが難しくなるんです。

駐在初心者向けと呼ばれるバンコクでさえ、鬱になって帰っていく人は一定数いるんですよ。

 

 

元海外在住者だから、こうしたデメリットばかり見えてしまうんだろうなぁ…。

本当は旦那氏に「思い切って駐在として雇ってくれるところで転職しちゃえば?」とか言いたいのですが、給料と待遇次第かなと思ってしまうのが悲しい私です。