みにまに!!!

子育て主婦が「ミニマムな暮らし」と「楽しく貯金」を目指す!?「雑記Blog」

2人目(2018年出生予定)の学資保険〜数年で返戻率が衝撃の数字になってる!!!

スポンサーリンク

f:id:hanisandayo:20170818151933j:plain

 

こんにちは。

2人目ができたので現実問題を考えています。そう。お金です。

学資保険入るか入らないかを真剣に考えています。学資保険のメリットデメリット、1人目の反省、現在の状況を書いておきます。

 

学資保険のメリット・デメリット

メリット

  • 貯金になる(大学資金)。
  • 万が一旦那が死んだ時の保険になる。
  • 預貯金よりプラスになる。(返戻率による)

 

デメリット

  • 決められた年齢(17〜18歳くらい)まで使えない。
  • 途中で解約すると戻ってくる金額が少なくなる。

 

私は学資保険の最大のメリットは旦那の保険預貯金よりプラスになるという点だと思っています。

 

1人目(2015年)の学資保険

1人目を出産した2015年当時、とある学資保険に入りました。返戻率は105%くらいだったような気がします(うろ覚え)。プラス、3年分をまとめて支払ったのでこのペースで支払えばもう少し返戻率は上がるはず。

3年分をまとめて支払ったのは、当時タイ在住である程度使わない日本円を持っていて貯金よりは学資保険に入れた方が得と考えたからです。まとめて払えば払うほど支払う金額は減る仕組みになっています。

今後も余裕がある限り年払い(できれば数年分)で支払いを続けたいと思っています。

 

2人目(2018年予定)の学資保険

2人目も同じ学資保険に当然入るつもりだったのですが、HPに返戻率が書いてありません。簡単に見積もりを取ると衝撃の額が出ました。

満期で受け取れる金額<払い込み金額 でした。つまり元本割れです。

年払いにしようが払い込み金額の方が上回る計算になりました。ちなみに返戻率は約95%だそうです。貯金した方がマシです。

他の保険も調べてみたのですが、やはり元本割れしている保険が多いようです。たった数年でこうも違うとは!

 

1人目の学資保険選び、失敗したような気がする…?

学資保険を選ぶ時に旦那と自分の両親双方にどこにしたらいいか相談しました。

おそらく親世代は口を揃えて言うところです(笑)。

いっぱいあってよく分からないから、一番の大手なら大丈夫っしょ!という気持ちで入ってしまったのですが、返戻率を見て別の場所にすればよかったような気がしています。潰れる心配は無さそうですけど、105%くらいって少なくない?

2017年現在の基準と比べると多い方なのですが…。

 

2人目(2018年出生予定)の学資保険どうする?

学資保険の中では一番返戻率が高いソニー生命

ソニー生命の学資保険は108.4〜128.6%の返戻率を謳っています。(2017年8月現在、ドル建て積立)

学資保険に入るならソニー生命かな…??

でも、ソニー生命のライフプランナーによる面談を受けないと入れない点がわずらわしいなと思ってしまいます。きっと保険の営業されるんだろうなぁっていう。その分も含めた辺戻率なんじゃないの?と邪推するのは私だけ?

 

旦那の保険を増額する

我々夫婦はアクサ生命のライフプロデュースという保険に入っています。超ざっくり言うと生命保険+貯蓄ができる保険です(詳しいことは省きます)。

貯蓄分は投資信託に回しているので、預貯金よりは利回りがいいはず。こちらの貯蓄に回している部分を学資保険に回す金額だけ増やし、2人目が18歳になる頃引き出すという案です。

ただ、投資なので元本割れするリスクは当然ありますし(ならないように頑張るけど)、旦那に何かあった時に貯蓄するはずだった分は補填されません。あくまで子供いるいない関係なく決められた生命保険分と今までの貯蓄分が出るのみです。私が重視している「旦那の保険」としてはどうかなぁ。

 

番外:NISA

毎年120万円以内の投資で得た利益を非課税にするという制度がNISA 

その未成年者版ジュニアNISAを使って学資保険の代わりにするという案です。金融庁のHPでも「進学や就職に向けての資金」目的として使うことが挙げられています。

ただ、NISAの非課税期間は5年です。学資保険は18歳まで積み立てるものなので、18歳までできるものがいいな…と思ってしまいます。あと、当然ながら旦那の保険にもなりません。NISAは無いかな〜と今のところは思っています。

 

まだ時間はあるし、来年また状況が好転する可能性もなきにしもあらずだから(わずかな望み)、情報を得ながら様子見かな…。